fc2ブログ

音程が分かれば移調問題は正解できる!

音程
こんにちは夢輝です。
上の画像は、エンゼルカレッジの重点課題から抜粋しました。

今日は、移調問題の時に出てくる「長〇度上」、「短〇度下」、「完全〇度上、下」について~
ご存知の方がほとんどかな?
楽典は苦手!という人は、最後までお読みくださいね。

上の図をよ~く確認下さいね。
2つの音の間の距離のことを"音程"と言いましたね。

ハ長調の楽譜において、ドと他の音の距離に関しては、
完全〇度は1・4・5・8
長〇度は、2・3・6・7
 ですね。

この音程を覚えておけば、
鍵盤数いくつだったかな?って迷った時は、鍵盤を書いて確認が出来ますね。

完全1度 ドとド 鍵盤数1
長2度 ドとレ 鍵盤数3
長3度 ドとミ 鍵盤数5
 
・・・という感じで、忘れても大丈夫

令和4年前期の保育実習理論の問題にコードの移調問題がありました。
この問題を解いてみましょう!
=========
問4 次の曲を4歳児クラスで歌ってみたところ、最低音が歌いにくそうであった。そこで完全4度上げて歌うことにした。
  その場合、下記のコード(G、D7、C)は何のコードに変えたらよいか。正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 <楽譜・・・著作権の関係により公表できません。>

   (組み合わせ)
     G D7 C
   1 D G7 A
   2 D A7 G
   3 C F7 A
   4 C G7 F
   5 A E7 D
========
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓

この問題楽譜が分からなくても、簡単に正解できますね!

鍵盤
問題用紙の空いている所に上記のような鍵盤を書いておきます。
(黒鍵盤の♯と♭の位置は、左の方が良かったですね。)
ド が C である事は、記憶しておいて下さいね。

完全4度は、ドとファの関係でしたね。音の距離は「鍵盤6つ分」ですね。
ですから、鍵盤6つ分上に数えれば、OKなんです。

(1)Gの場合、 G→♯G→A→♯A→B→C でC
(2)D7の場合、D→♯D→E→F→♯F→G でGで7を付けて、G7
(3)Cの場合、 C→C♯→D→D♯→E→F でF

正解は「4」
鍵盤を数えるだけで正解できましたね。

=========
「長〇度上」、「短〇度下」、「完全〇度上、下」の問題に関しては、
鍵盤数を数えて、正解して下さいね~

==========
※最後まで読んで下さいましてありがとうございました。
 今日も皆さんにとって、穏やかな1日でありますように~

==========
BLOG記事に関するコメント、ご質問も大歓迎です。
その他、保育士試験に関して、何か気になる内容がありましたら、
是非とも、コメント頂ければ嬉しいです。

↓↓↓ クリックして頂けると嬉しいです!!!
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
クリックいただけると更新の励みになります
いつも応援ありがとうございます

エンゼルカレッジ早わかりガイド ←ここをクリック

メルマガ登録画像 メルマガの登録も宜しくね!
(平日月水金配送予定)
#保育士試験
2022-09-06 : 保育実習理論 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

試験まであと何日


       
「フォロー」&「いいね」宜しく
  ブログランキング・にほんブログ村へ
================
児童相談所虐待対応ダイヤル
189 =年中無休、24時間
================
子ども専用相談窓口
0120-99-7777
================
24時間子供SOSダイヤル
0120-0-78310

カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

保育士の配置基準

あなたは3歳児20人をひとりで保育できますか?
保育者1人当りの児童数
0歳児------おおむね3人以下
1・2歳児---おおむね6人以下
3歳児------おおむね20人以下
4・5歳児---おおむね30人以下

プロフィール

Author:夢輝(ゆめき)
幼稚園&小学校教員免許及び保育士資格を所持。2001年からエンゼルカレッジ(保育士試験対策講座)を運営しています。多数の一発合格者を輩出!保育士資格を取得したい方を全力でサポートします!合格可能な重点課題(テキスト)ポイント集は必見です。平成16年度以降の試験問題&解説を掲載!保育士試験に関する内容等と四季折々の植物を投稿していきます。

ブログ内検索

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村